家族それぞれの家族葬プラン

家族葬のプランは家族それぞれに形がある

家族葬のプランは家族それぞれに形がある 現代に多くなっているお葬式の形に家族葬というお葬式プランがあります。通常の流れ通りに行われますが、基本的に参列してもらう方の人数に違いがあるお葬式プランです。一般葬の場合、亡くなったことを親類、仕事関係者、友人に知らせますが、家族葬の場合には、参列してもらう方を家族で限定して選び、少人数でお葬式を行なう形となります。亡くなったことを訃報として公にしたとしても、訃報の報告の際、家族のみで行うお葬式にすることを記し、参列する方を限定することで、故人と家族にとってお別れの時間を納得のいく時間とできるなど、メリットの高いお葬式になります。会葬者が多い一般的なお葬式となると、遺族が会葬してもらった方に挨拶を行うので忙しく、お葬式の際にふるまわれる通夜振る舞いなど、飲食の手配などをあわただしく行うことが必要です。

しかし、家族葬は基本的に少人数で行う非常に小規模なお葬式となるため、飲食に関しても対応に関してもそれほど苦労のないお葬式になります。故人とのお別れの時間を存分に持つことができるため、亡くなったことを現実として受け止める時間、またお葬式についてもしっかりと考える時間を持つことができるのです。このお葬式については、こうしなければならないという明確な決まりごとがあるわけではありません。そのため、家族は理想のお葬式の形、プランを色々と考える事ができるのです。故人が生前好きだったことを前面に打ち出したお葬式を行う、また故人が最後の旅立ちを美しく迎えるためにお花尽くしにするお葬式もできます。

病気で闘病生活が長く、なかなか自宅に戻ることができなかった故人については、自宅でお葬式を行い、最後の時間を自宅でゆっくりと過ごしてもらうことも可能です。また最近では、故人がお葬式について家族葬で執り行うように遺言を残されていることも多くなっています。残された家族に金銭的な負担と、お葬式の大変さを味あわせたくないという配慮からの遺言となっていることも多いですが、こうしたお葬式をしたいという希望を残すことを終活として行うことも多いです。納得できる最後となるように、また家族が故人とのお別れに後悔することがないように、お葬式をどう行うのかは重要なことになります。家族葬という形にする場合、家族としてどのようなお別れの場面にすればいいのか、そのプランを紹介します。家族によってそれぞれの考え方もあるため、あくまでもよくあるお葬式の一例としてご覧ください。

お知らせ

  • [2018年09月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年09月19日]
    運営者情報を追加しました。